子育てとモンテッソーリ

[保育士が教える] 自分から「トイレ行きたい!」と言うようになるオムツはずれ・トイレトレーニングの裏技

[保育士が教える] 自分から「トイレ行きたい!」と言うようになるオムツはずれ・トイレトレーニングの裏技

トイレトレーニング、子育てでは避けては通れない道です。

大人になれば誰だってトイレ行けてるからそんなに焦る必要はない、と言うのは確かに真理だと思います。無理にやるものではないですし、トイレトレーニングを通してお子様がトイレに行くのを嫌がるようになってしまえば元も子もありません。

ですがやはり親としては早くトイレを一人で行けるよう、自立してもらいたいもの。

お受験をされるのであれば、なおさら「一人でトイレいけますか? おむつは外れていますか?」と聞かれることも多いでしょう。
ソウタ

そこで今回は「無理なく」を念頭に起きつつ、子供が自分から「トイレ行きたい」と言うようになる、トイレトレーニングをしていく上で役立つポイントを紹介していきたいと思います。

ヨーコ
保育士・幼稚園教諭の免許を所持して、何百人と子供のトイレトレーニングを見てきたヨーコが解説します!

この記事はこんな方におすすめ

  • トイレトレーニングの効率的な方法を知りたい方
  • 子供がトイレを好きになる方法を知りたい方
  • 保育士のトイレトレーニングに対する考えを知りたい方

トイレトレーニングは何歳から始めるべき?

トイレトレーニングは2歳半頃から始められる方が多いです。

目安として、

  • 一人歩きが上手に出来る
  • おしっこの間隔が2時間以上空く (膀胱におしっこを貯めることが出来る)
  • 意思疎通が出来る (おしっこがでた、うんちがでたと伝えられる)
  • トイレに興味を示し、座る事を嫌がらない

といったことができるようになれば良いと言われています。ですが、正解の時期があるわけではないので、お子様の成長具合に合わせてトイレトレーニングを開始してあげるのが良いでしょう。

我が家では、トイレに(おまるをつけて)座らせてみて、泣き出したりしなかった頃からトイレトレーニングを開始していました。
ソウタ

モンテッソーリ教育では「トイレットラーニング」と呼ばれ、それこそ生まれてから排泄訓練はできる、自律性を促すという考え方もあります。お子様に合わせて、トイレに行く環境を整えてあげるタイミングを見ていくのが良いでしょう。

トイレトレーニングの鉄則

トイレトレーニングに対する正解はないですが、一つだけ「絶対に正しい」と思うものがあります。

それは一言に、「失敗するのは当たり前」ということです。自分の子供だからついつい期待してしまって、お部屋やお外でもらしたりしてしまうと「どうして!」と怒ってしまいたくなる気持ちはよくわかります。

「だからトイレ行きなさいって言ったでしょ!」「なんで「トイレ行きたい」って言えないの!」と怒ってしまいがちです。

ですが、それは辞めましょう。「次頑張ろうね」「ここでしちゃだめだったよね」と優しく事実を確認する程度にします。というのも、トイレトレーニングをしている段階の子供はまだ「反省する」という心の機能がうまく出来上がっていません。怒られて悲しい、不快だったという気持ちしか残らないので、そこで叱ってもあまり意味はありません。

そして何よりも、3歳でも4歳でも、トイレ失敗する子は普通にいます。当たり前のことです。

ヨーコ
保育園でも、とってもお喋りが上手で、先生の言うことを上手に聞けて、絵もうまくて、運動神経も良い子はたまにいます。そんな一見すると「完璧そう」な子供でも、当たり前のようにトイレは失敗します。そんなものです。

「子供はトイレは失敗するもの」と割り切って、気長に、本当に気長に付き合っていきましょう。

そして「トイレトレーニングが早く終る子・終わらない子」の差は私が見る限りではほとんどありませんでした。終わるか終わらないかは完全に個人差です。

早く終わったから偉い、なかなか終わらないから子供に問題があるなんていうことはまずありません。ですから比べることは本当に無意味です。ある日突然できるようになるなんて話もザラにあります。

とにかく「よそはよそ、うちはうち」のメンタリティで行かないと、気疲れしてしまいます。

最後は誰だって絶対できる。だから気長に支えてあげて、怒らない。これだけ理解しておけばもうトイレトレーニングなんて終わったも同然ですよ!

トイレトレーニングの裏技① トイレに対する興味を作る

突然ですが、皆さんのお家のトイレって楽しい空間ですか?

ヨーコ
「いやトイレだし、楽しいもなにもないでしょ」と思っているのであれば、大幅に改善の余地があります。

子供は楽しいものが大好きです。逆に言えば、楽しくなければ見向きもしません。大事なのは子供の気を引いて、「トイレ行くの楽しい」と思わせることです。そのためにはまず、トイレを楽しい場所にしましょう。

我が家ではトイレの壁に模造紙を貼って、シールを貼ったり落書きができたりするようにしました。トイレを遊び場空間にしたのです。

[保育士が教える] 自分から「トイレ行きたい!」と言うようになるオムツはずれ・トイレトレーニングの裏技

トイレに座れたら好きなステッカーを貼れる、というモチベーションに!

そこまでするのはちょっと、と思った方は簡単なことで構いません。

写真を飾る、絵本を置く、おもちゃを置く、どんなことでもいいので、「楽しいな」と思ってくれればそれでいいのです。

トイレに関する絵本もよいきっかけになってくれます。例えばこの「おむつのなか、みせてみせて!」や「Potty」の絵本は子供に面白おかしくトイレの楽しさを伝えてくれますので、興味が増しますね。

[保育士が教える] 自分から「トイレ行きたい!」と言うようになるオムツはずれ・トイレトレーニングの裏技

めくるのが楽しい「おむつのなか、みせてみせて!」

[保育士が教える] 自分から「トイレ行きたい!」と言うようになるオムツはずれ・トイレトレーニングの裏技

英語の絵本ならこちらの「Potty」がかわいらしくてオススメです。

おむつのなか、みせてみせて!

おむつのなか、みせてみせて!

ヒド・ファン・ヘネヒテン
1,430円(02/20 12:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

Potty (Leslie Patricelli board books)

Potty (Leslie Patricelli board books)

Patricelli, Leslie
1,017円(02/21 00:38時点)
Amazonの情報を掲載しています
といれ (あけて・あけてえほん)

といれ (あけて・あけてえほん)

新井 洋行
660円(02/20 12:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

大げさに「さぁっ、トイレいっくよー!しゅっぱーつ!」と大声を出して歌って踊りながらトイレへと向かうのでもいいです。ついついつられてついてきてしまうのが楽しいもの好きな子供の習性です。

まずは「トイレに行く」というきっかけづくりさえすればいいです。

この「行きたいと思わせる」ことに主眼をおいた教材をベネッセの「こどもちゃれんじ」で毎年出しています。しまじろうたちに興味があるお子様なら、良いきっかけづくりになるかもしれませんね。

[保育士が教える] 自分から「トイレ行きたい!」と言うようになるオムツはずれ・トイレトレーニングの裏技

しまじろうが好きなお子様なら、「こどもちゃれんじ」の教材はオススメ。

トイレトレーニングの裏技② トイレを使いやすくする踏み台の力

次に気をつけるべきなのは、ずばり「トイレの使いやすさ」です。

トイレが使いづらいものだと感じてしまうと、子供はすぐに「行きたくない」という気持ちになってしまいます。

子供って自分にとって心地よいところ、楽しいところに行きがちですよね。ベッドの中やお部屋の隅っこ、秘密基地など・・・とにかく子供は自分にとって心地よく、楽しいところをすぐに見つけ出す能力を持っています。

そこでトイレを使いやすくする工夫が必要になります。そのためにオススメなのが、「踏み台」あるいは「階段付きのおまる」です。

[保育士が教える] 自分から「トイレ行きたい!」と言うようになるオムツはずれ・トイレトレーニングの裏技

階段があると登りやすく、また地面に足をつけて「力む」ことができるようになります。

子供にとって大人のトイレは非常に高いところにあります。毎回親が運んで座らせないといけないとなると、子供にとっては「めんどくさい!」となってしまいます。子供はなんだって自分でやりたくなるところがあるので、「自分で使えないトイレ = 行きたくない場所」になってしまいます。

そこで「踏み台」や「階段付きのおまる」(補助便座)があれば、子供にとってトイレはアクセスしやすくなります

特に「階段付きのおまる」(補助便座)は折りたたんでしまえば邪魔になりづらく、使いづらいです。

この「踏み台」や「階段」はただ登りやすくするだけではなく、「踏ん張るため」に大事になります。普通の大人用のトイレに乗せるだけだと、足がプランプランしてしまいますよね。この「足ブラブラ状態」は子供にとってあまり良い環境とはいえません。しっかりと足をつけられないことは不安につながりますし、踏ん張るときに力を込めづらく、「トイレに乗ってもおしっこ・うんちが出ない」という問題に繋がります。

そこで「踏み台」や「階段」があると、トイレに登りやすくなるだけでなく、しっかりと足を地面につけて「踏ん張る」ことができるようになります。

トイレトレーニングの裏技③ しっかりと子供が使いやすい「おまる」を選ぶ

踏み台・階段でお話したように、大人用のトイレはやはり子供にとっては不便なものとなっています。

当たり前ですが、サイズが大きすぎるのです。このままでは誰かが支えてあげないと、お尻から落ちてしまいますね。そこで「おまる」を使用する必要があります。

[保育士が教える] 自分から「トイレ行きたい!」と言うようになるオムツはずれ・トイレトレーニングの裏技

色々な種類のおまるを試しました!

おまるには色々な種類がありますが、悩まれるのであれば私はトイレにはめ込む形のものをオススメします。確かに、床に置くタイプのおまるを使えば踏み台や階段を用意する必要はありません。ですが、以下の理由から私はトイレにはめ込むタイプのおまるをおすすめします。

床に置くタイプのおまるをオススメしない理由

  • トイレという空間に慣れづらい
  • 掃除が面倒
  • 大人用トイレに座るのに慣れづらい

基本的に床に置くタイプのおまるですと、トイレとは別の所に置くと思われますが、そうすると「トイレ」という空間に慣れづらくなってしまいます。さらに、大人のトイレを使えば流せばすみますが、床におくおまるですとその掃除が少々面倒というのがあります。最後に、やはりゆくゆくは大人用トイレに座るのですから、そこは早めに慣れておきたいですね。また、我が子は階段を登るのが大好きだったのでこのタイプがしっくり来たというのもあります。

もちろん、これはお子様によりますので、このあたりは、実物を見られてみて決められるのがベストかと思います。

おまるはやはりお子様の使いやすいものを選ばれるのがベストです。キャラクターものもありますし、ハンドルがあるものもあります。階段と一体型になっているものもあります。

[保育士が教える] 自分から「トイレ行きたい!」と言うようになるオムツはずれ・トイレトレーニングの裏技

ハンドルがあると安定感が増し、また「力み」やすくなります。

「ハンドル」や「持ち手」があると、お子様がバランスを取りやすく、「高いところに座っている」という不安を打ち消してくれます。また、力みやすいというのもありますね。

私が務めていた保育園では、複数のおまるを用意しているところがありました。やはり子供によって好みがあるので、使いやすいものを使わせることでトイレトレーニングが進みやすくなります。

トイレトレーニングの裏技④ 布おむつ・パンツでおもらしの不快感を感じさせる

紙おむつではなく、布おむつやパンツを使うのも大事です。

もちろん、何度も失敗して床がおしっこだらけになったり、パンツにうんちがついてしまったりすることも何度も何度もあるでしょう。

ですが、子供はすぐに不快感に気づき、取り替えてくれるようにアピールしてくれるようになります。何度も繰り返して取り替えることで、「トイレ行ったほうが楽だ」と子供も気づくようになります。

ヨーコ
私が務めていた保育園では、全員布おむつでした。とにかく毎日何度も取り替えて、業者さんにクリーニングに出しての繰り返しでしたが、本当におむつが外れるのが早かったです。1才からトイレに座らせるようにしていたので、2歳前には通っていた子供たちのほとんどが自分から積極的にトイレに座りに行くようになり、オムツはずれも早かったです。

「紙おむつじゃないから、トイレ行きたくなったら教えてね」と語りかけてあげることを通して、子供の理解も深まります。懇切丁寧に説明していけば、子供はちゃんとわかってくれます。きちんとアプローチして、語りかけてあげればまたオムツはずれが近づくと思います。

[保育士が教える] 自分から「トイレ行きたい!」と言うようになるオムツはずれ・トイレトレーニングの裏技

我が子はプリンセスのパンツでテンションアップでした。

パンツも気に入ったものを選ばせてあげるのも良いと思います。色々と気に入ってもらえるものを用意できれば、紙おむつを自発的に外したくなると思います。

もちろん、寝るときやちょっとしたお出かけのときは紙おむつのほうが安心ですね。

トイレトレーニングの裏技⑤ タイマーを使って、とにかくこまめに行く!

こまめに、こまめにトイレに行くことは非常に大事です。

オムツはずれの一番確実なステップではないかと思うぐらい、大事に思っています。

これには「ちょっと行き過ぎじゃない?」「めんどくさっ」と思うぐらい、頻繁に行く必要があります。これは子供によって違うので、実際に座らせてみておしっこが出るか出ないかを見極めながら、適切な間隔で連れて行ってあげましょう。

我が子はとにかくよく水を飲んで、よくおしっこに行く子だったので20分から30分おきにトイレに連れてっていました。

その時便利なのがタイマーです。我が家ではAmazon Echoというスマートスピーカーを使ってタイマー機能をこまめにかけていました。「アレクサ、タイマー30分」と声をかけてあげれば、どこにいても手ぶらでタイマーをセットできるので便利でした。

ただ、これは本当に疲れる作業です。やると決めたらしっかりと、面倒臭がらずにひたすらトイレに連れてってあげるのが大事です。

これを通して「トイレで失敗しない」というちょっとした成功体験を子供に感じさ、同時に「トイレに慣れる」ことを身につけることができます。大変ですが、一番効果的なステップだと思います。ぜひ、根気を詰めてトイレに連れていきまくりましょう!

保育園やお教室などで、親がトイレトレーニングを見られない場合はどうするの?

保育園やお教室に預けてしまったら、家でせっかくトイレトレーニングをしていたのに進まない、困る、という意見もあるかもしれません。

ですが、あまり気にしなくてもよろしいかと思います。

お家を離れている時間の間に、子供はトイレの行き方を忘れたりはしません。ですから、お家に戻ってきたらまたトイレトレーニングを継続すれば大丈夫です。

ヨーコ
むしろ、「今お家でトイレトレーニングを頑張っているので、ご協力いただけますか?」と一言声をかけてもよいと思います。先生の数・子供の数・時間的余裕などにも当然左右されるとは思いますが、サポートできません!という保育園やお教室は少ないかと思います。また、違った目線からトイレトレーニングに関するアドバイスを頂けるチャンスでもあると思います。

なので気にせず、お家ではしっかりトイレトレーニングを進めていれば大丈夫かと思います。

トイレトレーニングは人それぞれ、だから比べても焦っても意味はない

お父様・お母様にご理解いただきたいのが、トイレトレーニングの進み方は本当に子供によって違う、ということです。

兄弟でオムツはずれの早い・遅いがあるのは当たり前で、一緒くたに考えることはできません。比べても、焦っても、意味がないのです。

やれるときにサポートしてあげて、とにかく「怒らない」「焦らない」「比べない」「おおらかに」を大事にしてください。トイレはいずれできるようになりますから、安心してください。失敗するのは当たり前なのです。

膀胱の発達具合も子供それぞれ。ちゃんと貯められる子と、貯められない子、それは別に「我慢ができる偉い子・できない悪い子」というわけではありません。まだ発達していなければ素直にその子にはわからない、ということもありえます。

気にせず、気楽に進めていくのが一番大事ですよ。

結論 トイレトレーニングはしっかりぶれない姿勢で向き合えば問題ない

トイレトレーニングで重要なのは、上の①〜⑤であげた裏技を100%守って行く、ということではありません。

より大事なのは、ご両親がぶれない姿勢でトイレトレーニングに向き合うことです。どういうことかと言うと、「やると決めたらしっかりやる」「途中であまりやり方を変えない」ことです。これを守れないと、お子様が混乱してしまいます。

ルーティンを作って、日々やることが決まっていると、子供はしっかりとそこに慣れていくようになります。一度習慣としてトイレへ行って座ることが体に身につけば、もうトイレトレーニングは9割以上終わったと言っても過言ではありません。

「慣れやすい環境を作る」というためにも、とにかくブレずにしっかりと決まったパターンを親が積極的に作っていくことが大事になります。そのために上であげた「裏技」が役に立つかと思います。

最後に、トイレトレーニングが早く終わるか終わらないかは決してお子様の能力の問題ではありません。子供の体の発達を含め色々な要因があるため、人によって変わるものです。大事なのは、子供に寄り添っていく心の広さです。成功したら褒めてあげて、失敗しても怒らない。その繰り返しで、子供は確実にオムツはずれが近づいてきます。

ヨーコ
子供がトイレに行きたくなる、「嫌なものだ」と思わないようにサポートしてあげれば、きっとオムツはずれがぐっと近づくと思います!
アガツマ アンパンマン 2WAY補助便座 おしゃべり付き

アガツマ アンパンマン 2WAY補助便座 おしゃべり付き

5,980円(02/20 12:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

朝井ソウタ&ヨーコ

モンテッソーリとバイリンガル教育に力を入れている、アメリカ出身で英語ネイティブのソウタと保育士・幼稚園教諭のヨーコです。 子育てに絶対はないし、ベストはないけれども、「よりよい」ものはあるのではという目線でいろいろなものを試しています。私たち夫婦がよいと思ったものが万人に受けるものでは当然ないでしょうが、より多くの人に「これはよい」と思ってもらえるよう、様々な知育・子育てに関することを紹介していきたいと思います。

-子育てとモンテッソーリ
-

© 2024 保育士と東大卒のモンテッソーリ・バイリンガル子育て ヨーコとソウタの知育ブログ |