子育てとモンテッソーリ 知育グッズ

[1〜6才]七田式教育の「くまのひもとおし」は手先の器用さと集中力を鍛える素晴らしい教具

七田式教育の「くまのひもとおし」は手先の器用さと集中力を鍛える素晴らしい教具

シンプルで長く遊べる玩具はたくさんありますが、緻密な動きを要求されるものは子供の集中力を刺激してくれます。以前紹介した「花はじき」もこの種類のおもちゃですが、似たような知育グッズで七田式教育の「くまのひもとおし」があるので紹介したいと思います。

「お花おはじき」は色、数、順番の概念の取得と手先の器用さにつながる最高の知育グッズ
[1〜6才]「花はじき」は色、数、順番の概念の取得と手先の器用さにつながる最高の知育グッズ

知育グッズと一言で言っても、様々なものがあります。ですが一つ共通して言えることは、「シンプルであること」だと思います。複雑すぎるものは親も子供も扱いに困りますし、シンプルだからこそ飽きが来ないというこ ...

続きを見る

七田式教育はドッツカードやフラッシュカードでおなじみですね。いろいろな知育グッズを展開しているので興味ある方は是非調べてみてください。

七田式教育 フラッシュカードは語彙を一気に増やせるひみつ道具 集中力が続かないお子さんにもオススメ!
[0〜4才]七田式教育 フラッシュカードは語彙を一気に増やせるひみつ道具 集中力が続かないお子さんにもオススメ!

ぐんぐん言葉が増えていく我が子の知育のために七田式のフラッシュカードを購入しました。 放っておいても子供は勝手に言葉なりなんなりを吸収して育つからわざわざやらなくてもいいんじゃないの?ソウタ ヨーコで ...

続きを見る

今回は七田式教育のおもちゃ「くまのひもとおし」を紹介したいと思います。カラフルな「大・中・小」の紐通しができる穴があいたくまさんが沢山入っています。これらを使って「手先の器用さ」「色の概念」「大・中・小の概念」「数の概念」などを覚えていくというものです。

ヨーコ
かわいらしいくまさんのデザインで、子供が手に取りやすいですね。
ただ、ちょっとサイズが小さめなので誤飲が心配な方は気をつけてくださいね。
ソウタ

今回はそんな「くまのひもとおし」の魅力を紹介したいと思います。

この記事はこんな方におすすめ

  • お子様に「色」「数」「大きさ」を教えたい方
  • お子様の集中力を鍛えたい方
  • シンプルで、長く遊べる玩具をお探しの方

七田式教育「くまのひもとおし」のご紹介

七田式教育のなかでも特にかわいらしいデザインのくまさんがいっぱい詰まった、「くまのひもとおし」です。プラスチック製のくまさんと、赤・黒の紐が入っています。くまさんは「大・中・小」でサイズが別れていて、いろいろな色があります。

七田式教育の「くまのひもとおし」は手先の器用さと集中力を鍛える素晴らしい教具

くまさんがいっぱい詰まっているケース

くまさんは紐を通せるように穴が空いているので、これらを上手につまんで紐を通していくのがメインの遊び方となります。

七田式教育の「くまのひもとおし」は手先の器用さと集中力を鍛える素晴らしい教具

大、中、小で様々な色のくまさんが入っています。

非常にシンプルなおもちゃですが、シンプルゆえに沢山の遊び方ができます。

月齢が低いうちはただ紐を通すだけで精一杯かもしれませんが、だんだんと好みの色等が出てくるとその色のくまさんをこぞって選ぶようになります。そしてもう少し大きくなれば、「大きいくまさんだけ」「小さいくまさんだけ」という遊び方もできるようになります。

ママはパパと一緒に「赤色をちょうだい」「大きいくまさんちょうだい」といった遊び方もできます。

ヨーコ
我が家では、2歳頃から「大・小・大・小」と並んでいるのを見せてあげて、「次のくまさんはどれ?」という遊び方もできるようになりました。

小さなくまさんを一生懸命つまくことで、手先が起用に

我が子はなかなか不器用な方で、フォークを持ったりするのが下手くそでしたが、くまのひもとおしにハマってからは小さいものをつまむ力がぐんと伸びました。大人にとってはシンプルな「紐を通す」という動作でも、子供からすると針の穴に糸を通すような感覚かもしれません。

七田式教育の「くまのひもとおし」は手先の器用さと集中力を鍛える素晴らしい教具

七田式教育の「くまのひもとおし」は手先の器用さと集中力を鍛える素晴らしい教具

だんだんと上手に次から次へと紐通しができるようになるのを見たら、かなり感動しますよ。
ソウタ

なかなかうまくできなくてカッとなってしまう我が子でしたが、ビーズなどとは違いデザインがかわいらしいせいか乱暴に扱うことはなく、すぐにまた挑戦するようになりました。かわいいデザインですと、こころなしか子供の集中力も違いますね。やはり子供は好きこそものの上手なれ、かもしれません。

シンプルな「くまのひもとおし」でいろいろな遊び方を

シンプル故になかなか飽きが来ないこの遊び。月齢が上がれば花はじきと同じようにネックレスを作ったり、ブレスレットを作ったり、おままごとをして遊んだりもできるようになります。

七田式教育の「くまのひもとおし」は手先の器用さと集中力を鍛える素晴らしい教具

「ママに大きい青いくまさんちょうだい」ができるようになりました

子供もおままごとができるようになったら、くまの団体さんをつれて「家族」とか「学校」といったりして遊べるようになります。そしてグループ分けして紐に通して遊ぶ、なんていうことも。

七田式教育の「くまのひもとおし」は手先の器用さと集中力を鍛える素晴らしい教具

順番の概念がわかるようになると、こういう芸当も。

シンプルな玩具はお子様の好奇心と想像力を刺激する、というのがよくわかりますね。

ヨーコ
たくさんあるくまのなかから、「自分が使いたいやつ」を探して見つけ出す子供を見ると、「成長したな」と感じます。

本当に年齢に合わせて柔軟の遊んでいけるので、重宝しているおもちゃです。

まとめ 七田式教育の「くまのひもとおし」はここがすごい

一見するとシンプルですぐ飽きそうなおもちゃですが、そのシンプル性ゆえに遊び方はもちろん、遊んでいる子に対しての親の接し方も本当にたくさんあります

色や数を指定する遊びはもちろん、「楽しそうな紐を作ってみて」なんていうオープンな質問から子供は本当に独創的なことをします。好きな色が芽生えてくると、その色のくまばかりを紐に通すようになったり、だんだんと大人になってくると規則正しい、カラフルな紐を作ります。

その様子を写真などで成長とともに残していくと、いかに子供の感性が磨かれてきたのかがわかってくるかもしれませんね。

また、こういう遊び方はビーズやおはじきなどでもできますが、「くまさん」であることがお子様の遊ぶきっかけとなって、愛着を持って接してくれるようになります。

うちの子は「くまさんやりたい!」とよく言ってくれますよ。
ソウタ

シンプルゆえの奥の深さで、是非お子様の成長を見守ってみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

朝井ソウタ&ヨーコ

モンテッソーリとバイリンガル教育に力を入れている、アメリカ出身で英語ネイティブのソウタと保育士・幼稚園教諭のヨーコです。 子育てに絶対はないし、ベストはないけれども、「よりよい」ものはあるのではという目線でいろいろなものを試しています。私たち夫婦がよいと思ったものが万人に受けるものでは当然ないでしょうが、より多くの人に「これはよい」と思ってもらえるよう、様々な知育・子育てに関することを紹介していきたいと思います。

-子育てとモンテッソーリ, 知育グッズ
-,

© 2024 保育士と東大卒のモンテッソーリ・バイリンガル子育て ヨーコとソウタの知育ブログ |